/

学術会議の組織形態を議論へ 科技相、有識者会議を設置

井上科技相(左)に声明を手渡す日本学術会議の梶田会長(4月22日、東京都千代田区)=共同

井上信治科学技術相は30日の記者会見で、日本学術会議の組織形態のあり方について議論する有識者会議を設けると明らかにした。5月中に初会合を開き、学術会議の梶田隆章会長から意見を聴取する。

井上氏は「定期的に開催して議論を深めていきたい」と述べた。学術会議を巡っては、会議側が政府の機関として現行体制を維持すると記した報告書をまとめた。政府は報告を踏まえたうえで同会議のあり方について検討を続ける方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン