/

この記事は会員限定です

農機を24年度にも電動化、農水省が工程表 開発を支援

[有料会員限定]

農業の脱炭素化に向け、農林水産省が近くまとめる農機などの開発の工程表が明らかになった。電動の農機はまだ実用化されていないが、2024年度にも小型農機で実現できるよう補助金や税制、基金の活用で開発を支援する。政府が30年度の温暖化ガス排出量の削減目標を13年度比46%減へと引き上げたことを受け、対策を急ぐ。

農機はディーゼル燃料で排出量が多く、欧州では環境規制が強まる。農水省によると、18年度に農機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン