/

県内旅行支援、販売期限を年末まで延長 観光庁

 札幌市中心部の商店街をマスク姿で歩く人々=共同

観光庁は30日、県内旅行割引に対する支援事業について対象商品の予約・販売期限を10月末から12月末まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で事業開始が遅れている都道府県が出ていることに対応する。

支援事業は県内旅行割引を手掛ける都道府県の財源を補助する。新型コロナの影響で観光支援事業「Go To トラベル」を停止した代わりに4月から地域限定の旅行を対象に始めた。1人あたり1泊最大5000円と、食事や買い物に使える地域クーポン券2000円分を補助している。

支援対象となる旅行期間は12月末まで。これまでに申請のあった34道府県に交付を決め、このうち23県が割引事業を始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン