/

令和の墨書、一般公開へ 公文書館で永久保存 官房長官

新元号「令和」を公表する菅官房長官(2019年当時、首相官邸)

加藤勝信官房長官は30日の記者会見で、元号「令和」の墨書を一般公開する方針を示した。4月1日付で国立公文書館に移管し、永久保存すると説明した。「国民にご覧いただける機会を設けるよう検討している」と述べた。

令和の墨書は当時、官房長官だった菅義偉首相が改元の発表時に掲げた。公文書管理の規定に基づき3月31日まで内閣府で保存していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン