/

首相、国連気候変動特使と電話協議 脱炭素目標を説明

菅義偉首相は30日、国連の気候変動担当特使を務めるブルームバーグ前米ニューヨーク市長と電話で協議した。2030年度に温暖化ガスの排出量を13年度比で46%削減する日本の新たな目標を説明した。ブルームバーグ氏は「高く評価する」と答えた。

首相は米政府が主催した気候変動に関する首脳会議(サミット)について「各国の機運を高めるうえで有意義であった」と伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン