/

この記事は会員限定です

膨らむ概算要求、過去最高111兆円 特別枠に便乗目立つ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

財務省は31日、2022年度予算の概算要求を締め切った。総額は一般会計で111兆円台となり、4年連続で過去最大を更新した。復活した「重点要望枠」に脱炭素やデジタル関連の施策が多く盛り込まれ全体が膨らんだ。便乗のような要求も目立つ。新型コロナウイルス対策で予備費を上乗せする可能性が高く、予算規模は膨張しそうだ。

高齢化に伴う社会保障関係費が増え、国債の元利払いにあてる国債費も30.2兆円と過去最高を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン