/

雇用のミスマッチとは 求人側と求職側の需要合わぬ状態

きょうのことば

▼雇用のミスマッチ 求人側と求職側の需要が合わず、企業の雇用に過不足が生じる状態を指す。直近では新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で、飲食業や観光などの業界は休業が余儀なくされ、雇用に過剰感が生まれつつある。一方、企業のデジタル化の加速でIT(情報技術)人材は不足が指摘されており、業種や雇用形態、地域の壁を越えた人材移動が欠かせない。

総務省の労働力調査(詳細集計)によると2021年1~3月の失業者214万人のうち「希望する種類・内容の仕事がない」と答えた人はコロナ前の19年の同時期に比べ20万人増え、64万人だった。「自分の技術や技能が求人要件に満たない」と回答した人も14万人にいる。労働者が人手不足の業種で働くのに必要な能力やスキルを身につけられる機会が重要になっている。

政府はコロナ下で、出向や配置転換などの企業の取り組みを雇用調整助成金などで支援してきた。帝国データバンクが21年4月の調査で、正社員が不足する状況を業種別で聞いたところ「情報サービス」の企業は54.1%が足りていないと回答した。「メンテナンス・警備・検査」など2業種が55.6%と最多で「医療・福祉・保健衛生」(44.4%)も不足感が目立っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン