/

この記事は会員限定です

国民投票法改正案、与党5月6日採決めざす 駅で可能に

[有料会員限定]

与野党は憲法改正に必要な手続きを定める国民投票法の改正案の採決時期について調整を急ぐ。与党は5月6日の衆院憲法審査会で採決し、今国会で成立させる日程を描く。改正案は駅や商業施設などに「共通投票所」を設けて投票しやすい環境を整えるのが柱だ。

改正内容は共通投票所の設置のほか、洋上投票の対象を実習生に広げるなど7項目からなる。選挙のルールを決める公職選挙法の改正で実現した項目を国民投票法に反映する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン