/

技能実習生の悪質仲介を排除 日ベトナム首相が合意

(更新)

【ハノイ=秋山裕之】岸田文雄首相は1日、ベトナムのファム・ミン・チン首相との会談で日本での外国人技能実習生を巡って協議した。就労を希望するベトナム人が悪質なブローカーを介さずに直接、日本の情報を得られる仕組みづくりで合意した。

外国人技能実習生が支払う高額な手数料や失踪などの問題が指摘されている。岸田首相は会談後の共同記者発表で「問題のある慣行を抜本的に変える」と強調した。

岸田首相は会談で多元的なサプライチェーン(供給網)づくりのために中国などの拠点をベトナムに移す日本企業の動きを支援すると伝えた。脱炭素に向けて「水素、アンモニア、バイオマスの分野でもベトナムの現実的なエネルギー移行を支援する」と説明した。

地球観測衛星の打ち上げによるベトナムの防災能力向上のため190億円の円借款を供与すると言明した。紙での貿易手続きの電子化などデジタルトランスフォーメーション(DX)にも言及した。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン