/

この記事は会員限定です

首相「成長も分配も」枝野氏「支え合う社会」最後の訴え

[有料会員限定]

与野党は30日夜、12日間にわたった衆院選の選挙戦を終えた。日本経済新聞の終盤情勢調査では289の小選挙区のうち4割が接戦となっている。9党首は大都市部の激戦区を中心に少しでも票を開拓しようと有権者へ最後の訴えに臨んだ。

岸田文雄首相(自民党総裁)は東京・品川の大井町駅前で「全国で大接戦、大激戦が続いている」と訴えた。

首相は勝敗ラインを公明党とあわせて「与党で衆院の過半数の233議席」と説明する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン