/

5月の鉱工業生産5.9%低下 半導体不足で自動車減産

think!多様な観点からニュースを考える

経済産業省が30日発表した5月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は94.1となり、前月比5.9%下がった。低下は3カ月ぶり。世界的な半導体不足を受けた自動車工業の記録的な減産が響いた。新型コロナウイルスの感染拡大当初に生産が停滞した20年5月(10.5%低下)以来の下げ幅となった。

鉱工業生産指数の水準は20年12月以来の低さだった。15業種のうち13業種が低下した。自動車工業が19.4%下がったほか、半導体製造装置など生産用機械工業が5.9%、自動車用電気照明器具など電気・情報通信機械工業が4.5%それぞれ低下した。

高岡工場のハリアー生産の様子(2020年6月、愛知県豊田市)

自動車工業は20年5月以来の大幅な低下となった。マイナスは2カ月連続で、指数の水準は80.0と20年6月以来の低さとなった。5月の鉱工業生産指数の低下の半分は自動車の減産による押し下げだった。世界的な半導体不足や3月に発生した半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災の影響で生産が滞った。

主要企業の生産計画から算出する生産予測指数は6月が前月比9.1%上昇、7月は1.4%低下となった。このうち自動車などの輸送機械工業は6月に14.2%上昇、7月も7.9%上昇を見込んでいる。経産省の担当者は自動車工業の生産に関して「5月を底に持ち直すのではないか」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン