/

鉱工業生産、20年度9.5%下げ コロナで車など減産

(更新)
20年度は新型コロナや半導体不足が自動車生産などに影響した

経済産業省が30日発表した2020年度の鉱工業生産指数(15年=100)速報値は前年度比9.5%低い90.4だった。マイナスは2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大や半導体不足で幅広い業種が減産し、比較可能な13年度以降で指数は最低となった。低下幅は最大だった。

20年度は自動車工業が16.7%、鉄鋼業が15.6%、汎用・業務用機械工業が10.9%の減産になるなど大半の業種で生産が減った。

1回目の緊急事態宣言が出ていた20年春に工場の操業停止などが相次ぎ、生産が落ち込んだ。20年5月に前年同月比で27.0%低下し、夏以降は持ち直しの傾向が続いている。

21年3月の季節調整済みの指数は前月比2.2%上昇して97.7となった。2カ月ぶりの増産だった。2月の福島県沖地震による減産の反動で上昇に転じた。

自動車工業が7.5%、無機・有機化学工業が6.5%上がるなど9業種が上昇した。低下は電気・情報通信機械工業など6業種だった。自動車工業などで懸念された「半導体不足の影響は小さかった」(経産省の担当者)という。

主要企業の生産計画から算出した生産予測指数をみると、自動車などの輸送機械工業は4月に前月比4.9%下がり、5月も9.9%の低下を見込む。経産省の担当者は「3月は部品の在庫もあって生産を減らさずに済んだのではないか。4月以降は半導体不足が減産に働く可能性がある」と指摘している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン