/

茂木氏「開発金融の透明性向上を」 G20外相会合閉幕

イタリア南部マテーラで手を振る茂木外相(29日)=ロイター

茂木敏充外相は29日夜(日本時間30日早朝)、訪問先のイタリア南部マテーラでオンラインの記者会見を開いた。同日閉幕した20カ国・地域(G20)の外相会合などを振り返り「G20が新型コロナウイルスからの回復を主導することで一致した」と述べた。

途上国への新型コロナワクチンの支援拡大、気候変動問題、持続可能な開発を巡る国際連携を議論した。

茂木氏は「コロナからの回復が進めば開発金融が拡大していく」と指摘。「資金リソースを多様化することが不可欠だ」と述べた。

途上国が債務超過に陥り、重要インフラの権利を握られる中国の「債務のわな」を念頭に、「(支援策が)ルールに基づいて行われ、透明性が向上することは重要だ」と強調した。

G20外相会合はおよそ2年ぶりの対面開催で、茂木氏はブリンケン米国務長官や英国のラーブ外相らとも個別に会談した。中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相はオンラインで参加した。ロシアは外務次官の派遣にとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン