/

政府予算の繰越額、過去最高の30.7兆円 20年度決算

think!多様な観点からニュースを考える
2020年度は30兆円を超す繰越金が出た

財務省が30日発表した2020年度の一般会計決算によると、翌年度への繰越額は30兆7804億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大に対応する巨額の補正予算を3度編成したものの、中小企業向けの実質無利子・無担保融資に充てる財源の余りや公共事業の執行遅れなどが発生。過去最高の繰越額になった。

20年度予算の歳出総額は175兆円だった。2割近くが繰り越しになった計算になる。主な内訳をみると、実質無利子・無担保融資などの財源として6兆4140億円、公共事業は4兆6937億円、時短営業など飲食店への協力金に充てる地方創生臨時交付金が3兆3115億円などとなった。

巨額の繰越金が発生したのは、約21兆円の追加歳出を盛り込んだ20年度3次補正予算が21年1月に成立し、年度内に執行できなかったものが多かったためだ。コロナ禍が長引いた影響もあった。予算の規模を大きくみせるために補正予算の規模ありきで、政策の中身が置き去りになった面もある。

政府の予算は年度内に使い切るのが原則だ。自然災害など避けられない事故で支出ができなかった場合や年度内に支出が終わらない見込みのあるものはあらかじめ国会の議決を経たうえで繰り越しを認めている。これまで繰越額が最も多かったのは東日本大震災直後の12年度の7.6兆円だった。

20年度の特別会計決算では、歳入から歳出を差し引いた剰余金が10兆円だった。外国為替資金特会の運用収益や年金特会で年金給付費が予定を下回った。剰余金は国債の償還などに使う国債整理基金特会を除く各特会の合計額。このうち1.9兆円を一般会計に繰り入れた。残りは4.8兆円を21年度の特会歳入、3.3兆円を積立金に充てた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン