/

この記事は会員限定です

ドローン運航管理に国際規格 日本が主導、普及に追い風

[有料会員限定]

経済産業省は30日、ドローン(小型無人機)の運航管理システムの国際規格が決まったと発表した。システム開発が容易になり、宅配やインフラ点検など多様なサービスが普及する追い風になる。日本政府が国際標準化機構(ISO)に提案して開発を主導しており、日本企業にとって有利に働く可能性もある。

地図や建物、気象、飛行禁止エリアなどシステム開発する上で求められるデータを標準化した。2017年から新エネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン