/

この記事は会員限定です

職場接種「ワクチン納入を一律減量も」 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は29日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関して7月5日の週に企業へ納品するワクチン量の決定方法を示した。各企業の希望に基づいて算出した納品量の合計が供給できるワクチン量を上回った場合は総量調整として、一律に企業への納品を減らす可能性があると伝えた。

厚労省のホームページに掲載した。5日の週の配送が初回となる企業には、あらかじめ申請した接種予定回数に基づいて必要な量のワクチンを納入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン