/

この記事は会員限定です

脱炭素で世界の溝深く 中国・インド慎重、石炭火力焦点

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

10月末に英国で開かれる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を前に各国の意見の相違が目立ち始めている。石炭火力の使用を当面維持したい中国やインドなどと、早急な休廃止を求める英国や欧州の溝は特に鮮明だ。新たな気温上昇シナリオも公表され、気候変動対策の重要性は増すが、実効性のある合意に向けては課題が多い。

「中国は海外で新たな石炭火力発電プロジェクトを立ち上げることはしない」。9月2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン