/

この記事は会員限定です

政府、10月にも郵政株の売却完了へ 9500億円確保めど

[有料会員限定]

政府は10月にも日本郵政株を追加売却する調整に入った。保有義務のある3分の1の株式を残して売却を完了する。東日本大震災の復興財源として必要な9500億円程度を確保する見込みがたった。2007年に始まった郵政民営化は大きな区切りを迎える。

15年の株式上場時の売却や17年9月の2次売却に続く3次売却となる。

政府は郵政株売却で計4兆円の復興財源を確保する計画で、これまで2兆8000億円を確保した。

19年に売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン