/

総人口1億2614万人に、5年で94万人減 20年国勢調査

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

総務省は30日、2020年国勢調査の確定値を公表した。外国人を含む総人口は20年10月1日時点で1億2614万6000人だった。15年の前回調査から94万9000人ほど減り、2回連続で少なくなった。

経済活動の主な担い手となる生産年齢人口(15~64歳)は3%減の7508万8000人と、この5年でおよそ226万6000人減少した。14歳以下の子どもの人口は6%減の1503万2000人だった。一方で65歳以上人口は7%増の3602万7000人と少子高齢化の傾向が鮮明になった。

人口減を前提に一人ひとりの能力を高め、生産性をどう押し上げるかがこれからの成長を左右する。多様な働き方で就労を促すとともに外国人労働力の受け入れ拡大も人手不足の緩和に向けた検討課題となる。

世帯数は一人暮らしが増えたことで5583万世帯と過去最高を更新した。単独世帯は2115万1000世帯と全体の38%を占めた。高齢世帯の孤独死など社会問題の一因になりかねない。

都道府県別では39道府県の人口規模が縮小した。減少率が最も高かったのは秋田県で6.2%だった。100万人を下回ったのは福井や和歌山など10県にのぼった。

国勢調査は5年に1度、10月1日時点で外国人を含む日本国内の全ての人と世帯の状況を調査する。20年分は学歴など質問項目を増やして実施する10年に1度の「大規模調査」にあたる。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、全体の4割がインターネットを通じた回答だった。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン