/

この記事は会員限定です

医療、縦割り構造から脱却せよ 佐々江龍一郎氏

NTT東日本関東病院国際診療科部長

[有料会員限定]

「もう限界だ。これ以上の受け入れは無理」。新型コロナウイルス禍で呼吸器内科医からのこんな叫びを聞いた。彼は病院内で数人の部下とともに重症患者の対応を任されていた。国内でコロナ患者の診療を担うのは軽症、重症にかかわらず「感染症専門医」や「呼吸器内科専門医」だ。

日本は1病院あたりの医師数が38人にとどまる。米国は137人、ドイツも114人いる。また呼吸器内科の専門医は日本全国で7100人あまり、感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン