/

この記事は会員限定です

新興企業支援、知財の目玉政策に苦心 見えにくい効果

西野杏菜

[有料会員限定]

「大学から技術が生まれ、その周囲に投資家や大企業が存在する。まさにエコシステム(生態系)があると実感した」。7月下旬にスタートアップの本場、米シリコンバレーを訪問した萩生田光一経済産業相は、大学の技術をはじめとした環境の重要性を強調した。

「新しい資本主義」の柱の一つにスタートアップ振興を掲げる岸田文雄政権も大学の技術を重視する。目玉としたいのが大学と企業が共同で持つ共有特許の活用。企業が特許を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン