/

この記事は会員限定です

経済対策、成長力底上げ急ぐ まずは現金給付が軸

[有料会員限定]

衆院選の結果を受け、政府は経済対策のとりまとめを急ぐ。11月中旬にも閣議決定するスピード編成で、2021年度補正予算の年内成立を目指す。軸になるのは家計向けの現金給付だ。目先の経済成長を押し上げつつ、岸田文雄首相が掲げる「成長と分配の好循環」をどう具体化するかが問われる。

11月上旬に有識者でつくる「新しい資本主義実現会議」が緊急提言をとりまとめ、その内容を経済対策に反映する。首相は「新しい資本主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン