/

この記事は会員限定です

退職金、勤続20年超の優遇税制見直しを 人材流動の壁に

解読 経財白書④

[有料会員限定]

同じ企業に20年超勤めれば、退職一時金をもらう際に税制優遇が受けられる――。そんな終身雇用を前提とした税制を巡り、2021年度の経済財政白書は見直しを促した。主に中堅社員が離職・転職を思いとどまる「負のインセンティブ」になっているとみる。日本が成長力を取り戻すには雇用の流動化が不可欠とみて、改革を求めた。

退職金を一時金で受け取ると、そこから「退職所得控除」を差し引くなどして支払う税額が決まる。控...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン