/

羽田―ソウル金浦便が再開 JALなど、約2年ぶり

新型コロナウイルスによる往来制限を受けて中断していた羽田―金浦(ソウル)間の航空路線が29日、運航を再開した。日本航空や大韓航空など4社が計週8往復で運航し、段階的に拡大していく計画だ。再開は約2年ぶりとなる。首都中心部に近い空港同士を結ぶ路線の再開で往来の活発化を後押しする。

羽田-金浦便は全日本空輸やアシアナ航空も運航する。韓国政府は22日、防疫管理体制を拡充して7月から順次発着枠を増やしていく考えを示した。韓国政府は2020年3月に防疫対策のため金浦の国際線を中断したが、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は日韓の交流拡大につながるとみて運航再開に意欲を示してきた。

羽田-金浦便は19年に週84往復の定期便があった。日本政府も6月から入国者数の上限を1万人から2万人に引き上げるなど水際対策を段階的に緩和しており、今夏以降は観光での往来が早期に回復するかどうかが焦点になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン