/

この記事は会員限定です

米巨大IT規制、欧州が見直し先行 米に波及

[有料会員限定]

競争政策がデジタル経済の実態を捉えきれないことは、各国共通の悩みとなっている。巨大IT(情報技術)企業は、様々な種類の無料・有料サービスを組み合わせるため、特定の商品・サービスの価格やシェアに着目するだけでは競争の全体像はつかめない。

この壁に一足先にぶつかっていた欧州連合(EU)は、法制度の見直しに動いている。ドイツは2021年1月に施行した改正競争制限禁止法で、巨大IT企業の市場支配力を認定し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン