/

福田元首相、消費者庁「体制の充実を」 自民調査会で

自民党消費者問題調査会(船田元会長)は29日、党本部で会合を開いた。出席した福田康夫元首相は消費者庁について「スタッフを充実し、地方組織を強化し、関係省庁とも連携をさらに密にしなければいけない」と述べた。

同調査会の小倉将信事務局長が会合後、記者団に明らかにした。福田氏は環境問題やデジタル化などを挙げて「複雑になる社会に対応するためにまだまだ消費者庁がやるべきことはたくさんある」と語った。

消費者庁は福田氏が首相として設置に動いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン