/

オミクロン型の監視網を強化 G7保健相会合が共同声明

(更新)

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の世界的な感染拡大が懸念されているのを受け、日米欧の主要7カ国(G7)は29日に緊急の保健相会合を開いた。共同声明を採択し、オミクロン型への対応で監視網を強化するなど連携を強める方針を確認。ワクチンの研究開発でも協調する。関係国が感染情報や分析内容を共有して素早く対処できる態勢をつくる。

世界保健機関(WHO)は29日までに公表した報告書で、オミクロン型の世界的なリスクについて「とても高い」と指摘し、各国や機関に対応を促した。

G7の緊急会合はオンラインで開催し、日本は後藤茂之厚生労働相が出席した。今後数週間、WHOなどと協力して感染拡大防止にあたる方針でも一致した。

声明では南アフリカ政府がオミクロン型を確認後、迅速に事実を公表したことを称賛。ワクチン普及に向け、途上国支援を続けることも確認した。12月に改めて保健相会合を開くことも決めた。

後藤氏からは、日本が水際対策を再強化したことなどを説明した。後藤氏は会合後、記者団に「ワクチンや既存の治療薬の効果が不明だ。科学的な知見を集め、解明しながら対応していく」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン