/

この記事は会員限定です

衆院選、分配論争深化せず 与野党とも成長戦略欠く

[有料会員限定]

衆院選は短期決戦となった影響もあって各党の公約は踏み込み不足が目立った。与野党がこぞって目玉に据えた給付金などの分配策は違いが乏しい。財政や憲法改正など重要政策の議論も盛り上がりを欠き、争点の見えにくい選挙戦となった。

分配策で自民党は非正規雇用者や子育て世帯、学生への経済的支援を掲げた。公明党は0歳から高校3年生への一律10万円相当の給付を公約に盛った。

現金やポイントといった手法の示し方は異な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン