/

この記事は会員限定です

「BA.5対策強化宣言」創設 自治体が行動自粛求めやすく

(更新) [有料会員限定]

政府は29日、新型コロナウイルスのオミクロン型の派生型「BA.5」の広がりを受けた新たな対策を発表した。病床使用率がおおむね50%を超えるなど医療の負荷が大きい場合、都道府県が「BA.5対策強化宣言」を出す仕組みをつくる。自治体が住民や企業に外出自粛などを呼びかけやすいようにする。

今回の流行第7波が始まった後も岸田文雄首相らは行動制限に慎重な姿勢を重ねて示してきた。ここにきて感染者が急激に増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません