/

この記事は会員限定です

オミクロン型の国内検知、準備急ぐ デルタの教訓生かす

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新たな変異「オミクロン型」の世界での感染拡大を受け、厚生労働省は国内に入り込んできた場合の検知体制の拡充を急ぐ。オミクロン型やデルタ型など、どの変異ウイルスに感染しているのかを確定するには、通常のPCR検査などだけでなく追加の検査が必要だ。デルタ型がまん延し、今夏に感染「第5波」につながった反省をいかす。

水際の要となる空港検疫では入国者全員に抗原検査を実施し、陽性の場合はウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン