/

この記事は会員限定です

米GDP、1~3月6.4%成長 消費回復に勢い

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】米商務省が29日発表した2021年1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は前期比年率換算で6.4%増えた。巨額の財政出動と新型コロナウイルスのワクチン普及を背景に個人消費の伸びが2桁に加速した。GDP規模はコロナ危機前の2019年10~12月期の約99%まで回復した。

1~3月期の実質GDPの伸び率はダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(6.5%)とほぼ同水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン