/

この記事は会員限定です

米排出削減、連邦政府に足かせ 州・企業が脱炭素を左右

[有料会員限定]

米連邦最高裁が連邦政府による温暖化ガスの排出規制を大幅に制限する判決を下した。気候変動対策を看板とするバイデン政権には痛手で国際的な影響力の低下は避けられない。国内は州政府の権限が強い。地域によって規制がまだらになり、対応を迫られる企業のコストが増す恐れもある。

今回の裁判は石炭産地のウェストバージニアなど19州が訴えた。争点は米環境保護局(EPA)による火力発電所の排出規制の有効性だった。最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン