/

この記事は会員限定です

内閣不信任案が踏み絵に 立民検討、維新・国民は保留

[有料会員限定]

立憲民主党が9日にも岸田文雄内閣への不信任決議案を提出する検討に入った。首相の物価高騰対策が不十分だと主張し、15日の今国会の会期末を前に対決姿勢を強める。賛否は7月の参院選を前に野党の立場を映す「踏み絵」の様相も呈してきた。

立民の泉健太代表は7日の常任幹事会で「『岸田インフレ』だ。国民生活はより苦しくなっている」と強調した。

4日は「アベノミクスから脱却できていない。『安倍かいらい政権』と言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン