/

この記事は会員限定です

財源探しの標的に「安倍銘柄」 法人税引き下げに転機

藤田祐樹

[有料会員限定]

安倍晋三元首相が銃撃を受けて死去してから8日で2カ月となる。予算編成を中心に1年が回る霞が関では2023年度予算の概算要求と税制改正の要望が8月末に締め切られ、査定が本格的に始まる。岸田文雄首相にとって要求段階から手掛ける初めての予算で、安倍氏の影響力が残る「安倍銘柄」をどう扱うかが注目される。

「安倍元首相の遺志を引き継いで」。保守系議員を中心に、憲法改正の実現や外交・安全保障の分野で安倍氏の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン