/

ナミビア入国者がコロナ陽性 濃厚接触者は特定に時間

(更新)

後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアに滞在歴のある入国者1人が新型コロナウイルスの陽性者だったと明らかにした。28日の入国時の検査で陽性が判明。30代男性で、国籍は明らかにしていない。オミクロン型に感染しているかは判明していない。実施中のゲノム解析の結果が出るのに「4日から5日かかる」(岸田文雄首相)という。

ナミビアは南アフリカに隣接し、オミクロン型で政府が水際対策を強化した国の一つ。陽性者に同行する家族2人は陰性で、家族も含めて空港近くの待機施設で過ごしているという。

陽性者の搭乗していた航空機の濃厚接触者は、陽性者の座席から前後に2列ずつの座席の人が候補者となる。濃厚接触者かは最終的に保健所が判断する。濃厚接触者の段階では待機施設への入所は求められない。

搭乗機はナミビアからの直行便ではなかったため、ナミビアなど対策が強化された国への滞在歴がない場合、入国時の検査で陰性であれば自宅などでの待機が認められている。自宅への帰宅時は公共交通機関の利用は認められていない。

厚労省の担当者は「(濃厚接触者の)人数は把握していない」と説明。市中に出ている可能性は「否定できない」とも語った。自宅での待機期間中はアプリで毎日、体調や居場所の報告が求められている。応じない人は厚労省がホームページ上で氏名を公表している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン