/

この記事は会員限定です

「空の脱炭素」日米欧連携へ 電動航空機の安全基準巡り

国際標準へ採用めざす

[有料会員限定]

政府は「空の脱炭素」の推進へ米欧の航空当局との連携へ動き出す。航空分野の温暖化ガスの排出削減につながる電動航空機の普及を見据え、安全基準の国際標準化をめざす。航空分野でも脱炭素競争が厳しくなるなか、国際標準づくりで後手に回れば国内航空産業の競争力に響きかねないとの危機感が背景にある。

国土交通省の有識者会議が年内にまとめる航空分野の脱炭素戦略に具体策を盛り込む。2022年度に関連メーカーなどと協議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン