/

この記事は会員限定です

放送事業者の外資比率、定期的に監視 政府が法改正検討

[有料会員限定]

政府は放送事業者への外資規制について監視を強化する放送法改正を検討する。現行制度は事業認定の申請時に外資の議決権比率が20%未満かを確認する。法改正によって認定後も定期的にチェックする制度を導入し、監視する専門部署を設ける案が浮上する。

総務省は6月に外資規制の是正策を協議する有識者会議を設ける。年内に見直しの方向性を示し、年明けに最終決定する段取りを描く。その内容を反映した放送法改正案を2022...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン