/

国民民主・玉木代表 「共産と政権に入らない」

国会内で会談に臨む立憲民主党の枝野代表㊨と国民民主党の玉木代表(27日午後)

国民民主党の玉木雄一郎代表は28日の記者会見で、野党による政権構想について「共産党が入る政権には入らない」と述べた。共産党は次期衆院選で政権交代し「野党連合政権」の樹立を目指している。玉木氏は「共産は日米安保条約に懐疑的だ」と語り、政策の違いを強調した。

「我が国をとりまく安全保障環境は極めて厳しくなっている。日米安保を基軸におかないと政権を担えない」とも説明した。

立憲民主党の枝野幸男代表は27日に共産党の志位和夫委員長、玉木氏とそれぞれ会談し、衆院選の候補一本化への協議入りで合意した。志位氏は政権のあり方も協議内容に含めるよう提案していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン