/

この記事は会員限定です

米欧の税制に新潮流 課税対象絞り累進性強める

富裕層負担増や環境新税

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ポストコロナをにらみ、米欧で増税や新税の議論が活発になってきた。バイデン米大統領が企業や個人富裕層への増税を打ち出し、欧州連合(EU)も環境関連の新税の導入を相次ぎ検討し始めている。格差の拡大や環境対応など、コロナ禍で浮き彫りになった課題解決に振り向ける。世界の税制の潮流を変える可能性がある。

「とにかく公平な額を払うべきだ」。28日の演説でバイデン氏は、コロナ禍で資産価格が上昇し、格差が一段と拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン