/

5G基地局で日米連携 東南アで人材育成、中国に対抗

日米が連携し、東南アジアで高速通信規格「5G」の基地局を巡る人材育成に乗り出した。米国は複数メーカーの機器を組み合わせ、基地局などの通信網を整備する「オープンRAN」の教育機関をフィリピンに設立した。日本の総務省や通信大手が協力する。各国の経済安全保障に直結する通信分野で、中国が影響力を強めていることに対抗する。

オープンRANは1つのメーカーに依存せず、様々なメーカーの機器が選択できる仕組み。1社で通信網を構築する中国大手などに頼る状況を解消できる。5月の日米首脳会談で発表した競争力強化などに向けた共同文書に、2022年に東南アジアで教育機関を立ち上げる方針を盛り込んでいた。

29日に海外援助を担う米国際開発局(USAID)が教育機関「アジアオープンRANアカデミー」の立ち上げイベントをオンラインで開いた。USAIDの担当者は「このアカデミーはバイデン政権のインド太平洋戦略の一環であり、開かれた安全なインド太平洋地域をサポートすることを目的としている」と述べた。

アカデミーはまずはフィリピンの学生などを対象にカリキュラムを提供し、東南アジアやインド太平洋地域に広げる予定だ。日本からはNTTドコモや楽天グループNEC富士通が参加し、パネルディスカッションに加わった。

ドコモはオープンRAN方式での機器輸出に活路を見いだす。18年には基地局装置のオープン化を推進する国際団体の立ち上げを主導。国内では携帯料金の値下げや人口減少で個人向けの通信収入は伸び悩んでいる。海外の携帯基地局市場を開拓する。

楽天グループは「伝統的なネットワークの構築手法はコストが高すぎる上に複雑だ」(楽天シンフォニーのタレック・アミンCEO)として自社でもオープンRAN技術を活用した基地局を採用している。コスト効率の良さやセキュリティー面の安全性の高さなどメリットを伝える。

携帯基地局の世界市場は中国の華為技術(ファーウェイ)、フィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンの3社で8割を占めるとの試算もある。ファーウェイは「ファーウェイASEANアカデミー」を開設し、タイ、インドネシア、マレーシア、カンボジアで情報通信技術の専門人材の育成を進めてきた。

通信機器の供給網でも中国の脅威を念頭に置いた経済安全保障の重要性は増している。日米は5Gなど通信分野を巡り東南アジアでの影響力を取り戻せるかどうかの重要な局面を迎えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン