/

この記事は会員限定です

巨大ITに規制の網広く 政府、ネット広告を対象に追加

[有料会員限定]

政府は巨大IT(情報技術)企業に取引条件の開示を求める「デジタルプラットフォーム取引透明化法」の対象としてインターネット広告を1日、追加した。国内売上額が1千億円以上ある企業などが開示を迫られる。すでに開示義務を負うアプリストアやオンラインモールに新たな業種が加わり、巨大IT企業への規制の網を広げる。

デジタル市場の取引の透明性を高めるために設けた「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ビッグテック

Google、Amazon、Meta(旧Facebook)、Apple、Microsoftなどアメリカの主要IT企業「ビッグテック」の最新ニュースと解説をお届けします。巨大企業たちのビジネスや各国による規制などについての最新記事や解説をご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン