/

大規模接種センター予約 31日から京都・兵庫も対象

大阪市に開設された新型コロナウイルスワクチン大規模接種センター

政府は31日から、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで6月7~13日接種分の予約を始める。対象はこれまでの東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪に京都、兵庫を加えた7都府県の住民に広がる。

東京会場は午前11時、大阪会場は午後1時から専用サイトで受け付ける。65歳以上で自治体が配る接種券を持ち、まだ一回も接種していないことが条件となる。7日間で東京は7万人分、大阪は3万5000人分の枠を用意する。

防衛省サイトや対話アプリ「LINE」から予約専用サイトに入れる。米モデルナ製のワクチンを使用する。

住民票がなくても7都府県に居住していれば接種する。単身赴任者らを想定する。

接種日と時間は30分単位で選ぶ。自治体の予約システムと連携していないため、国と自治体の双方で予約した場合、片方を自分でキャンセルする必要がある。防衛省はワクチンを無駄にしないため、二重予約を放置しないよう求めている。

東京会場は東京駅、大阪会場は大阪駅などから無料のバスを用意している。近郊から鉄道を使って来る人の利便性を高める。

大規模接種センターは5月24日に開設し、接種人数を順次増やしてきた。31日からは両会場で1日あたりの最大能力となる東京1万人、大阪5000人となる見通しだ。センターをフル稼働させ、ワクチン接種の加速をめざす。

31日~6月6日接種分は、大阪では24日の予約開始後32分で埋まった。東京は24~27日に都民限定で受け付けたが全枠埋まらず、28日に先行して埼玉、千葉、神奈川3県を対象に加えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン