/

この記事は会員限定です

霞が関人事、岸田カラーも従来型も 政権初の定期異動

[有料会員限定]

霞が関の中央省庁の幹部人事がほぼ出そろった。岸田文雄政権で初めての定期異動は「事務方トップの次官は2年まで」「若返りをはかる」といった原則を徹底。ここ数年の潮流とは異なる手法で岸田カラーを印象づけた。従来型の役人秩序への回帰をうかがわせる登用も目に付いた。

「海上保安庁の強みを生かしつつ課題と向き合い、国土交通省での経験を生かしたい」。海上保安庁次長から昇格した石井昌平長官が28日臨んだ就任記者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン