/

この記事は会員限定です

政策減税10年で17兆円、効果検証で成長投資促す工夫を

[有料会員限定]

研究開発や賃上げに積極的な企業の法人税を優遇する政策減税による減収額が2020年度までの10年間の累計で17兆円規模に達したもようだ。第2次安倍晋三政権の発足後の13年度以降の伸びが目立つ。企業の内部留保が積み上がった一方、研究費や給与の伸びは鈍いままだ。岸田文雄政権も手厚い税優遇を維持する方針だが、効果の検証を通じ、企業の投資を促して成長につながる政策へ練り上げる知恵が求められる。

政府は11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン