/

ファイザー製ワクチン、12~15歳も接種可能に 厚労省

(更新)
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

厚生労働省は28日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種が可能な年齢を現在の16歳以上から12歳以上に広げる方針を決めた。同日開催した薬事・食品衛生審議会(厚労相の諮問機関)の部会で、ワクチンの用法用量を定める添付文書の対象年齢を見直すことで一致した。

海外の治験データによると、成人と同じ用法用量でも有効性や安全性に問題がみられなかった。近く、別の審議会の分科会で了承を得た上で、公的な予防接種の対象に12歳から15歳を新たに加えることを正式に決定する。

またワクチンの保管温度について、これまでは解凍してから5日以内に使い切る必要があると定めていたが、2~8度の冷蔵状態で1カ月間保存できるように添付文書を見直す。自治体や医療機関の接種現場で使い勝手が高まる。

ファイザー製以外では米モデルナ製と英アストラゼネカ製のワクチンが薬事承認を得ている。いずれも薬事上は18歳以上の接種が認められている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン