/

「脱炭素は成長の原動力」 首相、企業に投資呼びかけ

脱炭素化へ向けて新たな市場への投資が求められる

経済産業省は28日、世界の環境エネルギー企業の首脳が脱炭素社会の実現について話し合うオンラインイベントを開いた。冒頭で菅義偉首相は「脱炭素への対応は新たな投資やイノベーション(技術革新)を生み、経済を持続的に成長させる原動力になる」と述べ、企業や金融機関に投資や協力を呼びかけた。

イベントには風力発電機のベスタス(デンマーク)や水素生産のエア・リキード(フランス)の最高経営責任者(CEO)ら世界大手の首脳が参加した。温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするためのイノベーションの重要性などについて意見を交わした。

イベントの最後には梶山弘志経産相が「日本としても脱炭素への挑戦を次なる成長につなげるため、あらゆる政策を総動員して実現したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン