/

オミクロン型、1月中旬に感染者の9割超 大阪府で分析

厚生労働省は28日、新型コロナウイルスの感染状況を分析する専門家組織「アドバイザリーボード」の会合を開いた。京都大学の西浦博教授らは12月17~27日の大阪府の感染発生状況などのデータを分析。府のコロナ感染者に占めるオミクロン型の割合が2022年1月11日ごろに90%を超えるとの試算を示した。

アドバイザリーボードの座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長も会合後の記者会見で「オミクロン型への置き換わりが今後進んでいく可能性が高い」との見解を示した。

全国の新規感染者数は直近の1週間では10万人あたり約1.3人となっている。同日の会合では現在の感染状況について「非常に低い水準」としつつ、感染者数の増加が3週間以上続いていると指摘した。

今後、重症化リスクの高い高齢者などで感染が急増すれば、重症者や死亡者の割合が高まる恐れがあると注意を呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン