/

この記事は会員限定です

酒・たばこ、セルフレジOKに マイナカードで年齢確認

政府方針

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は酒やたばこをコンビニエンスストアなどのセルフレジで販売することを2023年1月末にも認める方針だ。現在は年齢確認が義務付けられているため対面販売が基本となる。

マイナンバーカードや同カードの機能を搭載したスマホで年齢確認する仕組みを導入する。

30日に開く政府のデジタル臨時行政調査会(臨調)の作業部会で決める。日本フランチャイズチェーン協会がセルフレジを使って非対面で販売する際のガイドライ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません