/

この記事は会員限定です

首相の出身選挙区、群馬が最多4人 現憲法下

チャートで読む政治 指導者(9)

[有料会員限定]

憲法は67条で首相について「国会議員の中から国会の議決で指名する」と規定する。1947年の日本国憲法施行後、新しく首相に就いた片山哲氏から数えて、現職の菅義偉氏まで32人の首相が誕生した。

首相官邸ホームページの「内閣総理大臣一覧」などで32人の歴代首相の出身選挙区の所在都道府県を調べると群馬県が最多の4人だった。福田赳夫氏や中曽根康弘氏、小渕恵三氏、福田氏の長男の康夫氏がいる。

4人とも中選挙区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン