/

岸田氏「自民党に国民は不信」 政治とカネ巡り

自民党の岸田文雄前政調会長は28日、同党候補が敗れた参院広島選挙区再選挙に言及した。「広島の特殊事情はあるが、それ以外にも『政治とカネ』を巡って厳しい目が注がれた」と話した。「自民党の体質みたいなものに対して国民は不信を持っているのではないか」と提起した。

岸田派総会で参院広島選挙区再選挙での自民候補敗北をおわびする自民党の岸田前政調会長(28日、党本部)

党本部で記者団に語った。岸田氏は党広島県連会長を務める。再選挙は自民党に所属していた河井案里前参院議員の買収事件を巡る当選無効に伴い実施された。

選挙期間中に菅原一秀前経済産業相も自身の選挙区内で現金を提供した疑いが報じられた。自民党内で政治資金関連の問題が相次ぎ取り沙汰されている。

岸田氏は「とくに宏池会(岸田派)は問題意識をもって党がどうあるべきかを提言する」と強調した。政府の新型コロナウイルス対策に関し「国民、県民の不満や不安は大変大きなものがあると感じた」と触れた。

次期総裁選について「従来通りチャンスがあれば挑戦したい」と唱え、改めて出馬に意欲を示した。総裁選で政治とカネの問題は「大きなテーマの一つだ」と言明した。

これに先立つ岸田派会合で再選挙の敗北を派閥議員に陳謝した。「私の力不足で心からおわび申し上げる」と頭を下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン